見る・遊ぶ

30か所をクイズで出題 函館「モバイルスタンプラリー」が好調なスタート

函館の歴史にまつわる場所や観光スポットを巡ってスマートフォン上にスタンプを集める

函館の歴史にまつわる場所や観光スポットを巡ってスマートフォン上にスタンプを集める

  • 52

  •  

 9月19日にスタートした「はこだてカルチャーモバイルスタンプラリー」が好調な滑り出しを見せている。

 主催は函館商工会議所青年部。同部は官公庁や観光施設などを一日限定で夜間開放する「はこだてカルチャーナイト」を例年9月に開催してきたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催を断念することに。その代替として、ある程度幅を持たせた期間内に家族単位で街を移動しながら楽しむことができ、密になりにくい非接触型のモバイルスタンプラリーを企画した。

[広告]

 参加者は函館市内の観光スポットや歴史にまつわる場所を巡り、各地点に足を運んだ証拠となるスタンプをスマートフォン上に集める。スタンプを獲得できる地点は全部で30カ所あり、専用サイトに簡単なクイズ形式で掲載している。

 クイズを解いて正解の地点を探し出し、現地に設置してあるQRコードをスマートフォンで読み込むとスタンプ1個を獲得できる。スタンプを5個または10個集めると、市内ホテルのペア宿泊券などが当たる抽選へ応募できる。一度応募しても、スタンプ獲得情報をリセットすれば期間中何度でも参加できる。

 スマートフォン1台あれば気軽に参加できることからファミリー層の支持を集めており、19日~22日の連休期間中は普段静かなスタンプ地点にも親子連れが入れ替わり立ち替わり訪ねる光景が見られた。スタンプ5個または10個を達成した参加者からの応募も、1週間足らずですでに300通に達しているという。商工会議所の担当者は「スタンプラリーを通して郷土の歴史を学び、郷土に愛着を持つきっかけになれば」と期待を込める。

 10月31日まで。スタンプ獲得地点で記念撮影した写真を送るとゲーム機などの賞品が抽選で当たるフォトコンテストも同時開催している。

Stay at Home