暮らす・働く

函館の老舗旅館「若松」4月営業再開へ 貸し切り半露天風呂増設でコロナ対策

4月20日、13カ月ぶりに営業を再開する割烹旅館若松

4月20日、13カ月ぶりに営業を再開する割烹旅館若松

  • 22

  •  

 昨年2月から休館していた割烹(かっぽう)旅館若松(函館市湯川町1、TEL 0138-86-9626)が、4月20日に営業を再開する。

全室オーシャンビューの客室イメージ

 23室全てがオーシャンビューの純和風温泉旅館である同館は、1922(大正11)年の創業。国内外の著名人が利用することで知られ、1954(昭和29)年には昭和天皇が北海道巡幸の際に宿泊された。2012(平成24)年のミシュランガイド北海道では料理部門が一つ星、同2017年版では宿泊施設として「極めて快適・特に魅力的」をそれぞれ獲得するなど、さまざまな格付けや口コミサイトでも常に高評価を得ている。

[広告]

 北海道が独自に緊急事態宣言を発令した昨年2月28日から丸1年以上にわたって全館休業とする一方、コロナ後を見据えてリニューアル工事を実施。3密回避とプライベート重視の両視点から、従来の大浴場に加えて貸し切りの半露天風呂を1階に2つ増設した。食事はこれまでも客室または個室の食事処(どころ)で提供していたことから、貸し切り風呂を設けることでさらに感染リスクを抑える狙いがある。

 「今後の不安材料は尽きないが、100周年に向けて必ずオープンさせるとの強い思いで再開に向けて準備を進めてきた」と同館。営業再開を記念した「感謝特別プラン」など複数の宿泊プランを用意し、予約の受け付けを再開した。担当者は「創業以来磨き上げられた『おもてなし』は、常にその時代にふさわしい革新的なサービスを追求したたまもの。その精神を100年後まで伝えられるよう努めていきたい」と話す。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース