見る・遊ぶ

大沼公園で「大沼湖水祭り」 湖上を照らす多数の供養灯籠

湖上に浮かぶ供養灯籠

湖上に浮かぶ供養灯籠

  •  
  •  

 大沼国定公園広場(七飯町字大沼町)で7月27日・28日の2日間、「大沼湖水祭り」が開催された。

七飯町の保育園の園児たちによる「よさこい」演舞

 1906(明治39)年の初回以来、110回目の開催となる同イベントでは、お笑い芸人「つちふまズ」が司会を務めたステージイベントや花火大会が行われた。伝統の慰霊祭では、水難者や先祖供養などを執り行い、地元住職が唱える梅花講に送られながら供養灯籠を湖上で流す。灯籠流しは当日も参加可能で、訪れた人たちが灯籠を手に行列する姿が見られた。

[広告]

 ステージイベントでは、北海道大学水産学部を中心とした「ほくすいブラス」による演奏や、七飯町の保育園の園児たちによる「よさこい」演舞、パインエアロビクスなど地元の人たちも参加できる内容で行われた。

  • はてなブックマークに追加