食べる 買う

函館・北海道製菓「かぼちゃカンパン」リニューアル 「ひづめみか~る」さんがデザイン

小袋が6袋入ったカボチャの形のパッケージ

小袋が6袋入ったカボチャの形のパッケージ

  •  
  •  

 北海道製菓の「北海道かぼちゃカンパン」のパッケージがリニューアルし、8月から店頭で販売されている。

 リニューアルのきっかけは、函館市が開催した「函館パッケージ展2019」。企業と地元デザイナーの出会いの場をつくることを目的に2018(平成30)年から始まった。北海道製菓は参加企業として「かぼちゃカンパン」を対象商品として応募し、当選した。北海道産の原料を使った「かぼちゃカンパン」は1980(昭和55)年に登場したロングセラー商品。パッケージの変更は16年ぶりとなる。

[広告]

 パッケージデザイン応募は12社が参加。その中から社員による投票の結果、函館出身のイラストデザイナー・ひづめみか~るさんがデザインしたパッケージに決定した。北海道製菓社長の宮本正さんは「カンパンはあまりメジャーではないお菓子。このポップなパッケージで、若者や子どもたちの目を引けたら」と意気込む。

 価格は450円(税別)。

  • はてなブックマークに追加