学ぶ・知る

函館・五稜郭で新選組・土方と永倉の子孫がイベント 石田散薬製造体験も

箱館奉行所

箱館奉行所

  • 90

  •  

 箱館奉行所(函館市五稜郭町)が7月22日と23日、新選組の土方歳三と永倉新八の子孫を招き、五稜郭のガイドツアーや「石田散薬」の製造体験会を実施する。

石田散薬の製造体験を行う兵糧庫

[広告]

 人気漫画の展覧会「ゴールデンカムイ展函館会場」が7月22日に始まることから、先祖が同作品に登場する土方愛(めぐみ)さん(土方歳三の兄の6代目)と、杉村和紀(かずのり)さん(永倉新八のひ孫)が「函館を盛り上げたい」と奉行所に協力。2日間にわたって3つのイベントを行う。

 22日は、土方家がかつて製造・販売しており、若き頃の歳三が剣の修行をしながら売り歩いたという内服薬「石田散薬」の製造体験会を奉行所向かいの「兵糧庫」で開く。日野の土方家から運んだ道具や材料一式を使い、薬研(やげん)で薬草をすりつぶす江戸時代の製法を体験する。10時、11時、12時の3回、各回定員38人。参加費は1,500円。

 22日15時と16時は、五稜郭の見どころを愛さん・和紀さんと共に巡るガイドツアー「新選組ご子孫とめぐる五稜郭」を開く。各回定員20人。参加費は2,000円。

 翌23日は五稜郭に隣接する函館市中央図書館視聴覚ホールで、愛さんと和紀さんのトークショー「ご子孫が語る新選組土方歳三・永倉新八」を開く。激動の時代を生き、函館で戦死した土方と、史実では土方らとたもとを分かちながらも晩年まで新選組隊士の顕彰に力を注いだ永倉の知られざるエピソードや、漫画に描かれた2人について語る。定員150人、参加無料。

 いずれも予約制、先着順。箱館奉行所サイト内の予約フォームにて、5月21日10時より石田散薬製造体験会、11時よりガイドツアー、12時よりトークショーの申し込みを受け付ける。

 箱館奉行所の坂本美奈子館長は「漫画では最後まで共に戦った土方と永倉のご子孫が函館にそろう貴重な機会。この機を逃さず、ぜひ参加してほしい」と呼びかける。

 このほか、例年は8月1日から9月上旬まで実施している兵糧庫内部の特別公開を、今年は7月22日からに繰り上げる。観覧時間は10時~15時(初日のみ13時~15時)、観覧無料。期間中の特定日計15日間は、ゴールデンカムイの愛読者である奉行所スタッフが、兵糧庫を含む五稜郭の見どころを案内するミニツアーを行う。参加費500円。5月28日より奉行所サイトで参加申し込みを受け付ける。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース