食べる 買う

丸井今井函館店で8カ月ぶり「全国うまいもの大会」 通路幅を広げて空間確保

これまでより出店者を減らして通路幅を広げ密を避けるよう配慮した

これまでより出店者を減らして通路幅を広げ密を避けるよう配慮した

  • 62

  •  

 全国各地の名物などが集まる「第129回全国うまいもの大会」が10月7日、丸井今井函館店(函館市本町)で始まった。

前半・後半共50社以上が出店するほか、各地の菓子や日本酒もそろう

 「全国うまいもの大会」は毎年3回開催しているが、今年は新型コロナウイルスの影響で6月の開催を見送った。2月以来、8カ月ぶりの開催となる。

[広告]

 「牛たん弁当」(1,404円)の利久(宮城県)、「かなやのかにめし」(1,181円)で知られるかにめし本舗かなや(長万部町)など過去の開催で人気のあった店を集めたほか、「越後だんご」(1本201円)の越後たちばな(新潟県)、「チョコディップソフト」(550円)が名物の軽井澤ソフトクリーム(長野県)など5社が初出店した。前半・後半で一部出店者を入れ替え、13日までの前半は52社、14日からの後半は50社が会場にそろう。

 感染対策にも力を入れ、出店者数を約10社減らして通路幅を広げた。積極的な試食や試飲の呼び掛けは行わず、イートインコーナーも設けない。初日の午前中が最も混雑する傾向にあることから、この日は午前中をクレジットカード会員のみの入場とし、一般客は13時からの入場とした。分散来場を呼び掛けるため、事前に配布したチラシでも混雑の少ない15時以降の来場を呼び掛ける。限定品の販売やタイムセールなども今回は行わず、「どの時間に来ても安心して買い物できるように配慮した」という。

 丸井今井函館店の担当者は「『やっとですね』『良かったですね』という励ましの声を来場者から頂いた。うまいもの大会は当店の名物催事なので、開催できたのは大きな前進。感染対策にも万全の態勢で臨んでいるので、ぜひ安心して全国の食を楽しんでいただければ」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~19時(最終日17時終了)。10月19日まで。

Stay at Home