食べる

函館産「ダルス」を使った「飲む昆布だし」 美容をテーマに2社が共同開発

ダルスとアカモクを加えて抽出した液体昆布だし「極UMAMI美人」

ダルスとアカモクを加えて抽出した液体昆布だし「極UMAMI美人」

  • 115

  •  

 小売業やコンサル事業などを手掛けるKIZUNA(函館市五稜郭町)が2月25日、「スーパーフード」として注目を集める海藻「ダルス」「アカモク」などの成分が手軽に取れる液体だし「極(ごく) UMAMI美人」を発売する。

 日本のだし文化に魅力を感じていた川崎良平社長が「美容に特化しただしを作りたい」と考えたのがきっかけ。ステイホームの長期化による生活習慣の乱れや常時のマスク着用などの要因で肌荒れに悩む人が多いことを踏まえ、「腸内環境を整えて肌を良い状態に保つには、機能性成分に富む昆布が適しているのでは」と発案。昨年秋ごろから、液体だしの製造を手掛けるヤマチュウ食品(花園町)と共同で、毎日手軽に昆布の成分を摂取できる「そのまま飲めるだし製品」の開発を進めてきた。

[広告]

 「美容」のコンセプトを消費者に分かりやすく伝えるため、函館産の真昆布・根昆布に、フコイダンをはじめとする豊富な機能性成分で知られる「ダルス」と「アカモク」を加えてだしを抽出。函館特産のガゴメ昆布でとろみを加え、飲みやすい液体だしに仕上げた。「この地域にある、栄養分豊富な海藻を選抜して作った自信作。試作品を飲んで、これならいけると確信した」とヤマチュウ食品の宇苗良社長。川崎さんも「ダルスやアカモクの注目度は上がってきているが、毎日食べるのは難しい。『極』は癖もなくて飲みやすく、ちょっとした合間や、ひと休みしたい時に飲んでもらえるのでは」と期待を込める。

 「10~15倍に薄めて飲むのがお勧め。お湯の代わりにほうじ茶で薄めてもおいしい」と川崎さん。「少しでも皆さまに、おうちでの時間や料理を楽しんでいただければ」と、同製品を使った料理のレシピを「クックパッド」で公開している。

 1本(300ミリリットル)=598円(税別)。セブン-イレブン函館五稜郭公園前店(五稜郭町、TEL 0138-31-5225)で取り扱う。発売を記念し、当面の間は期間限定特価の498円(税別)で販売する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース