食べる

函館・金森赤レンガ倉庫にレストラン「ボンナターレ」 地元産の海鮮・野菜使い

金森倉庫に入口を構える「ボンナターレ」はイタリア語で「メリークリスマス」の意

金森倉庫に入口を構える「ボンナターレ」はイタリア語で「メリークリスマス」の意

  •  
  •  

 函館・豊川町の観光名所でもある金森赤レンガ倉庫に8月1日、「リストランテ・ボンナターレ」がオープンした。

近海産の魚介類を使ったスペシャリテ「ペスカトーレ」

 運営母体の「グローヴエンターテインメント」は2009(平成21)、元町にレストランウエディング会場「センティール・ラ・セゾン函館山」をオープンしている。「ボンナターレ」でもウエディングパーティーに対応するが、「結婚式の実施率は年々下がってきている。それだけ結婚式の価値が低くなっていることが懸念されている。『ボンナターレ』では、ウエディングパーティーのマイナスイメージを払拭できるような、ここだったらしてもいいかも・ちょうどいい場所だと思ってもらえるような場所を目指してオープンした」と、支配人の伊藤峻一さんは話す。

[広告]

 提供するメニューは地元産の食材を多用。料理長の簗田和男さんは「スペシャリテのペスカトーレは近海で捕れた魚介を使う。野菜も近隣農家のものを使っている。ウエディングパーティーで提供する料理も四季が感じられるように年に4回は変え、妥協しないようにしている」と自信を見せる。

 観光地でありながらも地元客を増やしたいとする伊藤さんは「ここでは『いらっしゃいませ』ではなく『こんにちは』と言ってお客さまを出迎える。ちょっと来てみた、コーヒーだけ飲みに来たなど、気軽に訪れてもらえるような、アットホームな店として地元の方々の行きつけの店にしたい」と意気込む。

 営業時間はランチタイムは11時30分~15時(14時ラストオーダー)、ディナータイムは18時~22時(21時ラストオーダー)。年中無休。

  • はてなブックマークに追加