見る・遊ぶ

はこだてみらい館で「ハロウィーン」ワークショップ グッズ作りやメーク体験など

エプロンを着用してハロウィーンの飾り付けの前で撮影。撮影はセルフで行う

エプロンを着用してハロウィーンの飾り付けの前で撮影。撮影はセルフで行う

  •  
  •  

 キラリス函館(函館市若松町)3階にある「はこだてみらい館」で10月27日、「ハロウィンワークショップ」が行われる。

 今年が初開催の同イベント。ハロウィーングッズの製作や、子どもたちでも楽しめるメークやネイルの体験、エプロンコスチュームの貸し出しやフォトブースでの撮影を用意する。

[広告]

 主催は、子ども用品の製作・販売を手掛ける「ねむりんご」(北斗市東浜)店主の白川晴美さん。元々養護教諭(保健室の先生)だったという白川さんは「自分の子どもがメークを楽しむ様子を見て、他の子どもたちにもそうした場を提供できたらと思い開催に至った」と話す。

 メーク体験では子ども用のメークブランドを使用。アイシャドーやチーク・リップなどのアイテムをそろえている。ネイルはホタテの貝殻の微粉末から作られた天然素材の顔料である京都胡粉ネイルを使用。

 白川さんの子どもは小学校2~3年生ごろからメークに興味を持ち始めた。「特にアイメークがお気に入り。放課後や休日に友人と一緒に楽しんでいる。今回のイベントではスタッフと一緒にメークを楽しむことができる。普段は恥ずかしくてできないことでも、ハロウィーンの仮装として楽しみ、写真に収めることもできる。気軽に遊びに来てほしい」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は11時~16時。対象は小学生まで(未就学児は保護者同伴)。メーク・ネイル体験は100円、グッズ製作は300円。エプロン貸し出しやフォトブースでの撮影(セルフ)は無料。はこだてみらい館の入館料(300円)が別途必要。

  • はてなブックマークに追加