食べる

函館のホテルで「黒毛和牛 贅沢海鮮丼」 味の変化を楽しんで

白米に盛り付けた黒毛和牛の薄切り肉を炙(あぶ)り、ウニとイクラを飾り付ける

白米に盛り付けた黒毛和牛の薄切り肉を炙(あぶ)り、ウニとイクラを飾り付ける

  • 83

  •  

 フォーポイントバイシェラトン函館(函館市若松町)内のレストラン「メインダイニング フォーポイント」が10月15日、ランチの新メニュー「黒毛和牛 贅沢(ぜいたく)海鮮丼」の提供を始める。

最後に少し残しておき、付属のだし汁を注げばお茶漬け風に

 「肉も食べたいが、せっかく函館に来たのだから海鮮も食べたい」との要望に応えるため考案したという新メニュー。白米の上に黒毛和牛の薄切り肉を山型に盛り付けてからバーナーで軽く炙(あぶ)り、さらにイクラとウニを盛り付ける。食べ始めは電動ミルで岩塩を振って肉のうま味を楽しみ、続いてワサビを溶いたしょうゆを全体に掛け、崩しながら食べるのがお勧めだという。肉の下には「温玉」が隠れており、味の変化が楽しめるようにした。食べ進めて残りが少なくなったら、付属のだし汁を掛けてお茶漬け風にできる。

[広告]

 平日のみ、1日20食限定で、価格は2,200円。だし汁のほか、牛すじ煮込み、みそ汁、漬物が付く。追加料金を払えば、イクラやウニの量を増やすこともできる。追加料金は「2倍盛り」各300円、「3倍盛り」各500円。同ホテルの担当者は「1杯で何度でもおいしさを感じてもらえる究極のぜいたく丼を目指した」と胸を張る。

 提供時間は11時30分~14時。

Stay at Home