食べる

函館の企業が飲食店の宅配代行サービス「はーこーBoo」 20店で開始

「函館飲食連合隊」サイトに参加店の宅配可能な店とメニューの一覧を掲載する

「函館飲食連合隊」サイトに参加店の宅配可能な店とメニューの一覧を掲載する

  • 140

  •  

 ウェブ制作事業や飲食業などを手掛けるエムワイプラン(函館市亀田町)が、飲食店の出前(宅配)を代行する新サービス「はーこーBoo(ブー)」を始める。

 「はーこーBoo」は、人手を確保できないなどの理由で自店での出前が難しい飲食店に代わり、料理を店から注文先まで運ぶサービス。出前の注文を受けた飲食店が同社に宅配代行を依頼すると、同社の配送員が飲食店から料理を預かり注文先に届ける。配送員は料理の引き渡し時、料理の代金と手数料(1件500円)を合わせて受け取る。

[広告]

 同社担当者は「飲食店から『テークアウトは好調だが、忙しくて宅配まで手が回らない』『配達してくれる人がいれば宅配もやってみたい』との声を多く聞いた。コロナ禍で売り上げ減少に苦しんでいる飲食店が多く、何とか少しでも力になりたいと考えた」とサービス立ち上げの経緯を話す。従来の出前代行サービスは飲食店から定率制で手数料を取るが「はーこーBoo」は定額制とし、一度の注文金額が多いほど飲食店の利益が増える方式とした。

 サービス開始時点での参加店は約20店。今月21日以降、各店の宅配可能なメニューをまとめたバインダーを企業などに配布し、サービスを先行で始める。年明けには冊子版を作り、市内1万世帯に配布。併せて、「函館飲食連合隊」サイトにも同様の内容を掲載する。

 担当者は「利益は度外視で、困っている飲食店のために取りあえずやってみようと始めた。年内は登録費が掛からないので、宅配を検討していた飲食店はぜひ相談してほしい」と呼び掛ける。