見る・遊ぶ

函館の夜空にGLAYが打ち上げ花火の「クリスマスプレゼント」 巨大ツリーに映える

ツリー点灯時の花火打ち上げが通常の1分間から5分間に拡大された

ツリー点灯時の花火打ち上げが通常の1分間から5分間に拡大された

  • 0

  •  

 金森赤レンガ倉庫(函館市末広町)前で開催中のイベント「はこだてクリスマスファンタジー」で12月23日、函館出身のロックバンド「GLAY」の協力による花火打ち上げが行われた。

 12月1日から開催している同イベントではこれまで、巨大ツリー点灯の18時に合わせ約1分間の花火を打ち上げてきた。この日は「GLAYからのクリスマスプレゼント」として、花火の打ち上げを約5分間に拡大。周辺道路で観客らが待つ中、18時のツリー点灯と同時にスターマインや大玉花火などを次々に打ち上げ、観客から歓声が上がった。

[広告]

 打ち上げに先立ち、この日の花火が「感染防止対策に努めながら、コロナ禍で不安やストレスを感じてきた市民や観光客の皆さまへのGLAYからの3日間限りのクリスマスプレゼント」であることが放送され、TERUさんからのメッセージも読み上げられた。 

 花火打ち上げ後、SNSにはさっそく「GLAYさんありがとう」「GLAY最高」「すごくきれいで、ちょっと泣きそうだった」など、GLAYファンや市民からの声が寄せられた。

 GLAY協力による花火打ち上げ時間拡大は、イベント最終日の12月25日まで行われる。