見る・遊ぶ

函館・金森赤レンガ倉庫に期間限定の「海に浮かぶ神社」 絵馬の販売も

金森赤レンガ倉庫の掘割に浮かぶ「金森神社」

金森赤レンガ倉庫の掘割に浮かぶ「金森神社」

  • 96

  •  

 金森赤レンガ倉庫(函館市末広町)の掘割に期間限定の海に浮かぶ神社「金森神社」が設置され、年明けと共に参拝客が訪れている。

オリジナルの図柄の絵馬も販売する

 金森神社の設置は今年で3年目。12月29日に函館八幡宮によって「神入れ式」を執り行い、掘割の海上に設置した。社殿は幅・高さ共に約1.8メートル。社殿の正面には朱塗りの鳥居を立て、陸上から参拝できるようにした。17時~22時はライトアップも行う。

[広告]

 金森赤レンガ倉庫内のインフォメーションでは、函館山を背景に金森赤レンガ倉庫付近の景色を描いたオリジナル絵馬を500円で販売。絵馬を購入した人には、函館八幡宮で祈祷した「御福銭」を進呈する。願い事を書いた絵馬は神社前の柵に結び、期間終了後に函館八幡宮へ奉納する。

 金森赤レンガ倉庫の担当者は「2020年は予想もしなかった事態が起こった年だったが、今年は健やかで安心して毎日を過ごせるようにと神社に祈願した。海に浮かぶ珍しい神社で、初詣や合格祈願など福を招いてほしい」と話す。

 設置期間は2月28日まで。