食べる 買う

函経経済新聞、上半期PV1位は「土産菓子の地元向け格安販売」

問屋が抱えている在庫を買い取り、薄利で販売している「はっぴーディアーズ」

問屋が抱えている在庫を買い取り、薄利で販売している「はっぴーディアーズ」

  • 34

  •  

 函館経済新聞の2020年上半期PV(ページビュー)ランキング1位に輝いたのは、新型コロナウイルスの影響により道南地域で行き場を無くした土産菓子を地元向けに格安で販売する動きを取り上げた記事だった。

ランキングは、函館経済新聞が公開となった1月1日から6月30日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1. 函館・道南で行き場を無くした土産菓子の地元向け格安販売広がる(5/19)

2. 函館・シエスタハコダテが1階と地下を大規模改装 コーヒーチェーンも出店へ(4/2)

3. 函館市湯浜町にピザとパスタの店「スリーヴァレィ」 道南食材使う(1/21)

4. 函館「らーめんmaido」、GLAYライブに合わせスタッフ用パーカの着用(1/7)

5. 函館蔦屋書店にイタリアンの新店舗「アンド」 ファミリー層狙う(2/25)

6. 「道南ロックフェス」第1弾出演者発表 LINDBERGやKEMURIら5組(1/14)

7. 情報サイト「はこだてマーケット」開設 函館のテークアウト専門店を無料掲載(4/22)

8. 函館の飲食店に前倒しで飲食代 ハコダテミライカモンが支援企画(3/17)

9. 函館に初のレモネード専門店 生シロップフレーバー人気1位は「ユズ」(2/15)

10. 休業要請一部緩和を受け函館の飲食店・商業施設が通常営業再開の動き(5/18)

 今回のランキングでは飲食店の新店オープンの記事が多くランクインしていた。一方、北海道では新型コロナウイルス感染者が他地域に比べて比較的多い傾向にあるため、観光業は大きな打撃を受けている。道南地方も例外ではなく、観光地として有名なベイエリアから観光客の姿が消えた時期が長く続いた。その結果、観光客向けの土産菓子が大量に売れ残ってしまった。

 そこで名乗りを上げたのが、1位で紹介した長万部町で菓子の製造販売を手掛ける「はっぴーディアーズ」。不良在庫となっていた土産菓子などを取引先の問屋から仕入れ、ほぼ利益無しで販売したところ、あっという間に売り切れた。

 2位の「シエスタハコダテ」の大規模改装、記事公開当時は1階に出店するコーヒーチェーン店名は不明だったが、その後「スターバックスコーヒー」であることが発表された。函館で4店舗目の出店となる。

 6位の「道南ロックフェス」は、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため3月13日に中止を発表。開催者の思い入れが強いイベントだっただけに、SNSでも「残念」「悔しい」という声が見られた。

 函館経済新聞は7月1日で1周年を迎えた。これからも函館・道南のハッピーニュースを発信していきたい。

Stay at Home