食べる

函館国際ホテルが「アゼリア」ディナー営業再開 3店で5日間限定特別営業も

函館湾の景色を眺めながら食事できる「鉄板焼ビュメール」の鉄板焼ランチ

函館湾の景色を眺めながら食事できる「鉄板焼ビュメール」の鉄板焼ランチ

  • 105

  •  

 函館国際ホテル(函館市大手町)が5月1日、レストラン「アゼリア」のディナー営業を再開する。現在は予約のみの営業としているレストランやバー3店も5月1日~5日の5日間限定で特別営業する。

青函連絡船記念館摩周丸や函館の街明かりが見えるバー「スカイラウンジ ル・モン・ガギュー」

 日本中国料理協会函館支部長を務める木村史能総料理長が、薬膳や四川料理に関する造詣を生かして料理の指揮を執るアゼリア。新型コロナウイルス感染症の影響で今年2月10日からランチタイムのみの営業としていたが、大型連休に合わせて5月1日からディナータイム(17時~21時)の営業を再開することに。これを記念し、5月いっぱいは「中華・洋食王道特別メニュー」を提供する。

[広告]

  2月1日から営業を休止していた1階ラウンジ「ル・アーヴル」も、同日から営業を再開。営業再開を機に「目にも鮮やかな新作ケーキ」を用意し、従来より人気のケーキと共に販売する。アゼリアで食事をした人には、同ラウンジで使えるケーキ10%割引券を進呈する。営業時間は10時~17時。

 5月1日~5日の5日間限定で特別営業するのは、「鉄板焼ビュメール」「スカイラウンジ ル・モン・ガギュー」「日本料理 松前」の3店。いずれも現在は事前に予約があった場合のみ営業している。

 「鉄板焼ビュメール」の営業時間は17時~21時。5月9日まで、ディナータイムに提供している鉄板焼きを期間限定でランチタイムにも提供する「鉄板焼ランチ」(3,900円~5,800円)を併せて実施する。鉄板焼ランチは予約が必要で、11時30分~と13時~の二部制。担当者は「シェフの鮮やかな手さばきを見ながら楽しめるカウンター席と完全個室を用意している。特別な日やお祝いの食事としてはもちろん、ファミリーにも楽しんでもらえたら」と話す。

 ホテル最上階の夜景が見えるバー「ル・モン・ガギュー」はオリジナルカクテルを一新し、5日間限定で20時~23時に営業する。ドリンク2杯とおつまみのセット「お得にホテルバープラン」(1,500円)と、ドリンク2杯とフルーツを使ったおつまみ、ミニパフェのセット「スイートナイトプラン」(2,000円)を用意する。

 日本料理松前はこの5日間、「GW限定ランチ」を提供。桜エビのかき揚げやこごみの天ぷらなど旬の食材を詰め込んだ「箱だて姫御膳」(2,550円)や、ステーキをメインとした「牛ロース陶板焼御膳」(2,200円)などの特別メニューを提供する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース