暮らす・働く

函館新外環状道路「空港道路」全線開通へ 函館空港への所要時間短縮

函館ICから函館空港ICまでの「空港道路」延長約10キロが全線開通する

函館ICから函館空港ICまでの「空港道路」延長約10キロが全線開通する

  • 0

  •  

 国土交通省北海道開発局が2月17日、空港道路の赤川IC(函館市赤川町)~函館空港IC(上湯川町)間が3月28日15時に開通することを発表した。

 空港道路は函館新外環状道路の一部で、函館IC(函館市桔梗町)と函館空港ICを結ぶ地域高規格道路。このうち函館ICから赤川ICまでの2.4キロは2015(平成27)年3月に開通した。残りの赤川IC~函館空港IC間7.6キロの開通により、延長約10キロの空港道路が全線開通する。函館IC~赤川IC間は片側2車線、赤川IC~函館空港IC間は片側1車線の自動車専用道路。通行無料。

[広告]

 空港道路の全線開通により、札幌方面や江差・松前方面から函館市街地を迂回(うかい)して函館空港に直行することが可能になった。同開発局によると、函館IC~函館空港間の所要時間は、全線開通でこれまでより夏季で17分、冬季で18分短縮され、夏季で11分、冬季で12分になると試算している。

 空港道路と並行する道道函館上磯線(産業道路)は現在、慢性的な交通混雑が課題となっている。同局では「(空港道路全線開通により)主要観光地へのアクセス強化、流通利便性の向上や迅速な救急搬送、交通事故の低減などの効果が期待される」としている。